top of page

一般選抜、併願校の考え方

看護医療系進学予備校Well-STUDY(ウェル-スタディ)です。


先日「一般選抜の併願校をそろそろ決めましょう。」というブログ記事を書きました。

もう少し深堀りしたいと思います。


併願校を考える際に重要なのが、「自分の受験コンセプト」です。

すごく極端な話をすると、

「自分の第一志望しか進学するつもりがない。浪人も可。」

というコンセプトの場合、併願校は受験する必要がありません。第一志望のみ受験すれば良いですよね。受験は1校でOKです。


自分の進学に対する「コンセプトや条件」を事前に考え、決めておくことでどんな併願校を受験する必要があるのかが見えてきます。


コンセプトは受験生にもよりますが、

・通学時間はどのくらいまでか。

・受験校は何校までOKなのか(予算)。

・浪人の可不可(志望校合格ために積極的に可なのか、できれば浪人したくないなのか、絶対に不可なのか)。

・附属病院の有無(有るところに絶対こだわるのか、できるだけ有るところが良いのか、気にしないのか)。

・大学のみなのか、大学と専門学校両方か、専門学校のみか。

などでしょうか。

ここは受験生ごとにこだわりやコンセプトが違うので各々の考えで良いと思います。


このコンセプトに、受験生の「現在の学力(偏差値)」を踏まえて併願校を決めると良いでしょう。

浪人不可のコンセプトにも関わらず、自分の好みの学校のみを併願校に選ぶと、

「併願校の目標偏差値が自分の学力より上ばっかり、結果全滅…」

なんてことにもなりかねません。

また、入試日の重複の問題もあります。


自分のコンセプトに合わせて併願校を選択するのが良いでしょう。

志望校合格を目指すのはもちろん、併願校に進学するとなったときにも自分の納得のいく学校に進学できるよう準備をしておきましょう。





 


 

instagram:コチラ


LINE公式:









最新記事

すべて表示
bottom of page