top of page

今から準備する看護医療系受験対策(新高3向け)

看護医療系進学予備校Well-STUDY(ウェル-スタディ)です。

JR総武線亀戸駅から約3分のところにあります。


2月に入ってからお問い合わせが増えてきました。

予備校・塾を探している高校2年生が増えているの時期ですかね。


お役に立てるように看護医療系の受験対策をちょこっとずつブログに記載していきたいと思います。

お役に立てれば幸いです。


看護医療系の受験対策として今から準備するのであれば、「学力」と面接・志望理由などの「適性」対策はどっちも行いましょう。


大学入試は、一般選抜、総合型選抜、学校推薦型選抜が行われています。

経済学部や文学部などの大学入試は、

一般選抜:学科試験…「学力」

学校推薦型選抜・総合型選抜:面接、志望理由、小論文…「適性」

※細かくは大学によって異なる。

上記が一般的です。


一方で、看護医療系の大学は、

一般選抜:学科試験+面接、志望理由…「学力」+「適性」

学校推薦型選抜・総合型選抜:面接、志望理由+基礎学力検査、小論文…「学力」+「適性」

※細かくは大学によって異なる。

上記のように「学力」と「適性」をどの入試方式でも評価の対象としています。

将来国家試験の受験がありますので、やる気だけでなく実際国家試験合格のための学力があるか、も必要ということですね。


逆にいえば、一般選抜でも学校推薦型選抜でも総合型選抜でも、審査される能力は変わりません。

受験する入試方式を縛らずに自身が受験できる入試方式は全部使って入試を受験。合格を勝ち取れば良いですね。


基本は自分の第一志望を受験するために必要な教科、適性を準備・対策しておきましょう。


受験で合格を勝ち取るのももちろんですが、進学してからの勉強も重要な進路です。

受験の合格とともに、自分の将来に必要な学力や能力を養いましょう。



 


 

instagram:コチラ 


LINE公式:








最新記事

すべて表示
bottom of page