top of page

入試の「専願」と「併願」

看護医療系進学予備校Well-STUDYです。


今日は入試のお話。

入試には「専願」と「併願」があります。

これ間違えるとちょっと大変なことになるので、確認しておきましょう。


簡単に言うと、

「専願」は合格した場合、その学校に入学しなくちゃいけない入試です。

一方、「併願」は合格しても他の学校を受験できる入試です。


ということは、第一志望じゃない学校の「専願」入試で合格した場合、第一志望の学校は受験できずに入試が終わります。

人によって考え方は様々ですが、私は専願の入試では第一志望校に挑戦するよう指導しています。


総合型選抜や学校推薦型選抜の多くは「専願」です。


いくつかの学校では総合型選抜や学校推薦型選抜でも「併願」を認めている学校があります。

上手く使うと早めに合格がもらえる一方で、受験生が多く集まり難化することも。


有名どころは、

帝京大学や帝京平成大学の総合型選抜ですね。

ここの入試は学科試験が課されます。

そのため実際は学力勝負になる厳しい入試ですね。


ちゃんと入試制度を知っておき、自分が望む将来の道を確保すること、そして、入試を有利にできるよう活用することが良いと思います。



 


 

instagram:コチラ


LINE公式:





最新記事

すべて表示

Comentários


Os comentários foram desativados.
bottom of page