top of page

受験科目、科目数と選択(新高3向け)

看護医療系進学予備校Well-STUDY(ウェル-スタディ)です。

JR総武線、亀戸駅北口からすぐに教室があります。


本日のブログ記事は一般選抜の受験科目について、です。

主に、私立大学や専門学校志望の方向けになります。


私立大学や専門学校はほとんどの学校が3教科で受験することが可能です。


関東の私立大学の例外は東京慈恵会医科大学。ここは4教科(英国数理)受験。

また、私立大学ではありませんが、厚生労働省所管の国立看護大学校や防衛省所管の防衛大学校4教科受験です。

この3校は国公立大学への対策イメージが近いですね。


私立大学や専門学校が第一志望であれば、3教科で勉強しておくのが良いでしょう。

選択は「英国理(生が多いです)」または「英国数」です。


「英国理」か「英国数」。傾向としては、

「英国理」

・私立大学ほぼ受験可能(前述の学校以外)。

・専門学校もごく一部生物対応の学校あり。


「英国数」

・専門学校と私立大学を無理なく両立して受験可能。

・私立大学の一部が受験しにくい学校あり。


上記になります。

あとは自分の第一志望校が受験できるか、自分の得意科目、などを考えて選択するのが良いでしょう。


時々、「私立大学も公立の専門学校も視野にいれておきたい」と「英国数理」の4教科に手を出す人がいますが、私はオススメしません。


看護医療系は面接・志望理由書の準備や小論文、推薦や総合型選抜を受験する方も多いです。

受験に向けて準備することは他の文系や理系受験に比べて多いです。

準備することは少なくシンプルにしておいたほうがあれこれ手を出さずにすみます。


現在の時点で学力がしっかりあり、「私、器用なタイプなので問題ないです、えっへん」という方はやっても良いかと思います。

皆さんはどちらのタイプですか??


まずは、自分の第一志望をちゃんと受けられる教科を選ぶこと。

教科を選ぶには第一志望校を決めることが受験対策のスタートです。


まだ決めていない人は早めに決めましょう!



 


 

instagram:コチラ 


LINE公式:








Comentarios


Los comentarios se han desactivado.
bottom of page